ラン活がアツい♪ランドセル選びのポイントも!

ラン活

「ラン活」ってご存知でしたか?

初めて聞いたときはそう言うんだ~とびっくり!

ラン活とはランドセルの購入に至るまでの準備期間のことでランドセル活動の略語なんだそう。

ラン活

つい妊活や婚活に並ぶ言葉になるのでしょうか?

そもそも「ラン活」という造語が生まれていることさえ最近知りました。

でも実際私もラン活を経験していたんです。

そんな最近のラン活事情を実体験とともに紹介していきます♪

ラン活は一大イベント!

小学校に上がる約1年前からラン活はすでにスタート!

息子が通う幼稚園でも週末の荷物の持ち帰りの時に、いろいろなランドセルメーカーのランドセルカタログが入ってきます。

そのころからママさんたちの会話ではどこのランドセルが良い?

いつごろランドセルを買う?と話題に。

もうランドセルの話?早いな~と思っていましたが、今や当たり前なんですね。

キッズブランドとのコラボ品も続々登場し、色もデザインもたくさんあるランドセルだからこそ実際に見たり、背負ってみたりして最後に1番子供に合ったランドセルを購入したいという親や祖父母の気持ちを表したのがラン活です。

まるで受験のようですよね。

カタログを見て下見をして、体験をして決める。

ただランドセルを買うという言葉では収まりきらなくなったラン活はもはや小学校入学前の一大イベントです!

ラン活は夏休みまでがピーク!

ラン活はランドセルを選ぶ期間のこと。

そんなラン活は実は夏休みがピークなんです!

ランドセルメーカーの調査によると翌年に小学1年生に上がる子どもを持つ親の約60%が夏休み中までに購入を決めているんです。

1年近く前から購入が半数以上いるという結果です。

そんな早くから?なんで・・・と思っちゃいますが、これもランドセルのデザインが多様化した結果。

人気のあるランドセルは売り切れるのが早いからなんです。

私自身、長男のランドセル選びの時は、余裕でしょ。と、夏までには購入せずに冬に購入しましたが、周りには「えっまだ?」と驚かれたり「まだ売ってる?大丈夫?」と心配されることも多々ありました。

確かにその時すでに有名なランドセルメーカーのランドセルは完売していたりもしました。

なので百貨店のランドセルを購入。

結果として高級感もあってあまりかぶらないのでよかったですが、他のももっと見てみたかったかもとも思いました。

ラン活の波の出遅れると選択肢が減ってしまうんですよね。

かわいい子どものため、6年間使うランドセルだからこそ、気に入ったものを使わせてあげたいですからね(*^_^*)

早いラン活がおすすめなランドセルメーカーは?

長男の時から今も人気で6から8月中に品薄または完売してしまうランドセルメーカーなどをご紹介します。

・土屋鞄
・黒革鞄工房
・鞄工房山本
・コキチカ
・ブランドコラボ商品

です。

この4種類のランドセルは早いラン活をおすすめします!

どれも人気でデザインも可愛く、競争率高めといわれるランドセルメーカーです。

特に土屋鞄はランドセルのカラーバリエーションも豊富でデザインがシンプルながらすごくかわいい♪

なので予約販売の開始時にはアクセスが集中ししてしまうこともあるみたいです。

土屋鞄の店舗に実際にランドセルを見に行くと言ったママさんの数も圧倒的に多かったです。
土屋鞄は冬が近づくころにはもう完売で購入さえ出来ない状態でした。

なので気に入るランドセルがあれば出来るだけ早い購入がおすすめです◎

コキチカは言わずもがなブランドコラボランドセル。

ものすごい人気でネットでは購入出来ないのがポイント。

伊勢丹などでの購入になりますが、コキチカのランドセル目あてて朝から何時間も並ぶほどの行列ぶり。

販売してすぐ完売してしまうランドセルなんです!

でもその分ちょっと凝っていてスタイリッシュなオシャレさがあります◎

黒革鞄は黒革の手帳でも知られる革製品に自信のある黒革のランドセル。

背面がカラーになったランドセルなど、子供心を抑えるランドセルが人気です。

鞄工房山本も高級ランドセルメーカー。

ネームバリューもあるのでこちらも早いラン活をおすすめします!

ブランドコラボランドセルはビームスやメゾピアノなどといった有名キッズブランドとコラボしているランドセルです。

ステッチや刺繍、金具などにこだわってそれぞれブランドの色を感じられます。

伊勢丹や高島屋などのブランドコラボのランドセルは特に在庫がなくなるペースが早いのでこちらも早いラン活にしましょう!

ちなみに長男、次男が通っている幼稚園で1番購入が多かったのが土屋鞄のランドセルです。

ラン活の醍醐味、選び方で注意した点

1年前から始まるラン活。

そんなラン活の中でも1番の醍醐味、ランドセル選びで注意した点を紹介します♪

ランドセルの大きさをチェック

子どもが通う学区の小学校で必須なものをすでに通わせている在校生のママに聞いて、それがすんなり入るのかどうかをチェックしました。

長男の通う小学校ではA4のフラットファイルを毎日持っていきます。

なのでA4フラットファイルがスッと入る横幅のランドセルかどうかを調べました。

斜めにしないと入らなかったりとなると、授業道具も工夫しないと入りませんよね。

小学1年生だとで苦労しちゃうんじゃないかと思いました。

なのでかわいいなと思ったブランドのランドセルもA4サイズのものがちゃんと収まるかどうかで候補から外したり。

人気のブランドランドセルは予約や販売開始日も早いのであらかじめ下調べもしておいた方が楽です◎

ランドセルの保証期間と内容をチェック

ランドセルの保証期間と内容はしっかり聞いておいた方が良いよ!というアドバイスを受けました。

6年間背負い続けるランドセル。

壊れたりしてしまうことも当然考えられますよね。

特に男の子は乱暴に扱うことも多いです。

なので6年間の修理保証がついていると心強いですよね。しかも無償。

でも、故意に壊してしまった場合は普通に使用している中で壊れたというわけではないので有償になってしまうケースが多いです。

ランドセルメーカーの中には、そんな故意で壊れた場合も無償で修理してくれるというところもあるのでしっかり考えましょう!

あとは、修理中の代替ランドセルがあるのか、無料かどうかです。

修理期間に代わりのランドセルがないとちょっと困りますよね。

有料なのもなんだかな~と思います。

ほとんどのメーカーは修理期間に無料貸し出しを行っていると思いますが、念のため聞いておきましょう♪

壊れてしまってから、保証がない!なんてことで後悔しないように保証内容はラン活時にチェックしておきましょう!

ランドセルカバーも一緒にチェック

ラン活でお気に入りの1点を見つけるとそのまま背負わせたい気持ちになります。

ですが、毎日使用することになるランドセルは当然傷もつきやすいんです。

雨の日用のカバーはランドセルを購入した際についてくることもありますが、透明ではないカバーなのでランドセルが見えないし、普段の傷は防げません。

ランドセルカバーは今いろいろな種類が発売されています。

透明でも装飾がついていたりといろいろなデザインがあります。

ラン活で購入したランドセルの良さを消すことなく日常使いの傷から守り、雨の日も安心なカバーは1つ買っておくと安心です◎

終わりに

ラン活
ラン活で自分の子どもに合う1点を見つけて、子どもも親も満足のいくお気に入りのランドセルを購入しましょう♡

まだラン活していない方はツイッターやインスタなどでラン活と検索し、情報を集めるのもおすすめです◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です