元保険営業マンが語る『営業マン』の選び方|本当の保険の選び方のコツ

保険

「ほけんの◯口」や「ほけん◯科」のような来店型保険ショップで働いていたことがある保険の営業マンです。

業界では保険の営業は「販売員」と呼ばれています。

保険という「金融商品」を取扱う「販売員」というわけですね。

仕事ですから一人当たり毎月の目標金額(ノルマ)が設定されて、みんなノルマ達成のために日夜努力しています。

ノルマの話をすると「保険ショップに行くと保険を売りつけられるんじゃないか?」とか「売りたい商品だけ勧めてくるんじゃないか?」と思ってしまいますよね?

それも実は人によります。

ノルマがキツイなと思っている営業マンなら自分の売りたい保険(販売手数料が高い保険)を勧めてくるかもしれません。

逆に人によってはノルマがあっても売れる保険(条件が良い保険)を勧めてくるかもしれません。

保険相談

 

保険の良し悪しを見分けられる方なら良いのですが、保険の種類は膨大。

名前が一緒でも細かい条件が違うなんてことも良くあります。

それらを1つ1つ調べて条件が良いものを選ぶのは余りに時間がかかり過ぎます。

家族や友人に保険の営業がいれば、そっちに頼んだ方が良いのでしょうが、知り合いに保険の営業がいなかったり、いたとしても自分に都合の良いタイミングで彼らに相談できないという場合があります。

ですから、最近では警戒しつつも自分が今加入している保険が適正な保険かどうか調べるために、または自分が入りたい条件が良い保険がないか調べるために複数の保険を取り扱っている保険ショップに行って相談する人が増えているようです。

この保険ショップで騙されないための保険の営業マンの選び方をこっそりと教えたいと思います。

良い営業マンが見つかれば良い保険を選べる!

良い営業マンを見つければ良い保険を見つけることができると断言してしまっても良いでしょう。

どうして良い営業を見つけることが保険の種類を見つけることになるかというと

  • 保険は種類が多い!
  • 生命保険は入るタイミングによって保険料や利率が違う!
  • 割の良い保険は中々出回らない!

という理由が挙げられます。

一人で全ての保険会社の契約内容を知っている営業はいませんし、金利は毎年のように改定されるので加入するタイミングでプラスになるかどうかが変わります。

何より割の良い保険は中々出回らないので、そういったお得な情報を嘘偽りなく教えてくれる営業は良い営業マンと言えるでしょう。

保険の営業が教える『良い保険』とは?

良い生命保険の定義を付けようとすると一言では難しいのですが、資産運用やリスク分散と言う視点で見た場合、払った保険料よりも多く戻って来てくれる保険は良い保険と言えるのではないでしょうか?

それも、より短期間で解約返戻金が100%を超えてくれた方がストレスが少なくてすむし、良いですよね。

ですが、生命保険は10年~40年かけて保険料を払って、払い込みが終わってからさらに5~10年後にようやく満期が来て保険金を受け取るなんてイメージがないでしょうか?

これでは資産運用と言う意味では使えません。

資金が潤沢にある人ならともかく、運用資金が少ない人にとってすぐに結果が出ない生命保険は使いにくい金融商品です。

多くの人が生命保険はあくまでも万が一の時の「保険」という認識しか持っていないのではないでしょうか?

そんな融通が利かない生命保険の中でも、「割の良い保険」と言うものがたまに出て来たりします。

私が保険をしていた4年前の話なので現在では利率は変わっているかもしれません。

◯ニー生命の積立利率変動型終身保険(変額終身保険)なのですが、初めて見た時凄い保険と言う印象を持ちました。

なんとこの保険、契約と同時に一括で保険料を満額(300万円)払い込むと3年後には解約返戻金が100%を超える商品だったからです。

通常なら10~20年かけてようやく満額が返って来る生命保険ですが良い商品はあるところにはあるわけです。

加入するかどうかはともかくこのようなお得な保険を紹介してくれる営業マンなら嬉しいですよね。

保険契約

 

保険営業マンの選び方!

良い保険の営業マンにはいくつか特徴があります。

・販売実績が他の営業と比べて飛びぬけて良い
・仕事に対する姿勢が明確で人情家
・保険の仕事を長く続けられる人

良い保険の営業マンにはファンがつきます。

見た目の良し悪しではなく話が面白いのでしょうね。

そんな彼らはプライベートでも人気者ですから休日にお酒のお誘いも多いです。

仕事に対する姿勢も明確で、アナタの悩みに対してどうしようか一緒に考えてくれます。

それが例え保険とは関係のない悩みであっても。

でも、そういう人は良い営業の特徴を持っていますが、ただのお調子者の可能性もあります。

自分のキャラだけで保険契約が取れているだけの可能性もあるので見極めが大切になってきます。

見極めるために後述する営業マンへするべき質問もお読みください。

そして中でも一番重要なのが保険の仕事を長く続けられそうな人であるということです。

保険は一度売ったら終わりという商品ではありません。

その先20年、30年と関係が続く人の一生に関わる商品です。

ですが、同時に商売でもあるので販売実績を作れない営業マンは転職してしまいます。

その人を信用して保険に加入したのに、20年後保険金が必要になって保険会社に連絡してみたら辞めていたなんてよくある話です。

掛け捨てタイプの保険だけにしか加入していないのであれば、それでもいいのでしょうが、積立型の保険なら人は必ず亡くなるわけですから、誰かが保険金を受け取ることは出来るわけです。

どうせ契約するなら保険金を受け取るまでなるべく面倒を見てくれるような人の方が良いですよね。

良い保険の営業かどうか見極めるための質問

販売実績が他の営業マンよりも良く相談に乗ってくれる人情家な人は長く保険の仕事を続けやすい傾向にありますが、同時にお調子者の可能性もあります。

営業マンがどんな人間かを知る為にプライベートについて質問してみてください。

例えばどんな資格を持っているのか?など効果的です。

実際にはこの資格があれば信用に足りるというような保険の資格はありません。

ただ、試験さえ受ければ合格出来るような資格はありませんので、多くの資格を持っている人は真摯に努力した人と言えます。

また、結婚しているかどうか?子供がいるかどうか?家族仲は良いか?なども重要です。

子供がいて、家族仲が良いということは守るべき家庭を持っていて効率良く仕事をしている可能性が高いと言えます。

守るべき家庭がある人なら仕事をコロコロ変える可能性は低いですし、家族仲が良いということは家族サービスができる=効率良く仕事をしていると推測できるからです。

そう言った人の話なら聞く価値はあると思いませんか?

何事にも例外がある!こんな保険営業は長く続ける!

長く続けられる人が良い保険の営業だと前項で書きましたが、何事にも例外があります。

それは親や祖父の代から保険をやっているような人、一族経営の保険家がこれに該当します。

生まれた時から親が保険をやっている人であれば、保険と言う仕事についての理解もあります。

何かトラブルが起きた時、自分に解決策がなくても親に聞けば分かるかもしれないないのです。

顧客のことについてすぐに相談できる体制が整っている保険家の一族の営業はまた違った意味で安心感があります。

契約成立

 

保険の営業の選び方まとめ

良い保険の営業の選び方をまとめると

  • 保険には様々な種類があり全ての保険を一人で把握している営業はいない
  • たまに割の良い保険が出回ることがあり、そう言った保険についての情報を持ってきてくれる営業は良い営業である
  • 営業実績が良く、人情家で保険の仕事が長続きしそうな人から買うべきである

ということになります。

良い保険の営業マンを見つけられれば、膨大な数の保険の中から彼らはアナタに合った条件の保険を見つけてきてくれます。

保険ショップに行く際は保険を見つけに行くのではなく、良い保険の営業マンを探してに行くつもりで足を運んでみてください。

良い営業を見つけることが出来ればアナタの不安もすぐに解決できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です